p0141スグルです。

バイブ好き事務員、スズエさんとの一戦続き。最終章。

スズエさんの口内であえなく発射してしまったが、

バイブを突っこんだまま、恍惚としている彼女の表情があまりに卑猥なので、

私はバイブを引き抜き、発射しても大きいままのペニスを、マンコに強引に突っ込んだ。

スズエさんのマンコは大洪水だったが、ゆるくすぐに入ってしまった。

しかし、奥は亀頭をゆるく締めるくらいに気持ちよく、正常位でピストンを続けるうちに、再び完全勃起してしまった。

「29歳の事務員がマンコにバイブ突っ込みながらバキュームフェラ!その3」の続きを読む…

OL

p0144スグルです。

バイブ好き事務員、スズエさんとの一戦続き。

事務所から直行したらしい、スズエさんのスーツの上着を脱がせて、スカートも取り去った。

ブラもとって、パンティ1枚にすると、今度はスズエさんも私のシャツを脱がせにかかる。

私は立ったまま上半身裸でスズエさんを抱き寄せると、舌を絡めるキスをしながら、パンティの真ん中をまさぐった。

スズエさんはメスのきつい化粧の臭いをぷんぷんさせながら、舌を激しく回し入れてくる。

「29歳の事務員がマンコにバイブ突っ込みながらバキュームフェラ!その2」の続きを読む…

OL

p0140スグルです。

独身でも男をとっかえひっかえしている女というのは存在します。

Jメールで出会ったスズエさんという、事務員もそんな女です。

ヤリたくて仕方がない感じなのだ。

Jメールは大手サイトよりもポイント消化が大きい感じ。

女へのキャッシュバックも他サイトより大きい感じと聴いているが、

大手にはないアダルトな感じの雰囲気で、求めている女に出会いやすいと感じている。

「29歳の事務員がマンコにバイブ突っ込みながらバキュームフェラ!その1」の続きを読む…

OL

p0121スグルです。

私は出会い系サイトにたくさん登録しているといっても数サイトです。

その数サイトも使いこなすというのは至難の業です。

サイト内には様々な機能があり、様々なテクニックが使えるわけですが、

お金がかかるので、全部を使えるわけではありません。(良心的なポイント消費ですが)

なのに、なぜ世間にこれほどたくさんの出会い系サイトがはびこっているのか。

大体、1つの会社が5サイト、10サイトと運営しているグループサイトは危険だとすぐ判断できると思う。

グループサイト内で多重登録し、サクラメールをたくさん送ってくるのは目に見えている。

大手サイトは1つの会社が複数サイトを運営しているという例は少ない。

ミント!Jメールを運営する会社も、あとは「メルパラ」を運営するくらい。

1つの出会い系サイトを真面目に運営するということはそれだけ大変なことなのです。(たぶん)

「大手優良出会い系サイトは自分の努力がものをいう、完全にフェアな状態」の続きを読む…

p110スグルです。

私はあまり自分から女の子にメールを送ることはしません。

なぜかというと非効率的だからです。

女の子を探せば、そればかりで時間が経ってしまいますし、

何より、アクティブな娘以外を見ても全然意味がありません。

出会い系だろうが、ライブチャットだろうが、そうですが、アクティブな女の割合は多くはありません。

なぜかといえば、毎日毎日、違う男を求めて入ってきている女の方がまれだからです。

所詮は男の方が女よりもヤりたい度は高いのです。

そして、基本的に男の方が性に対する欲求は強いのです。

だから、まず男のほうがログイン頻度が多くなりがちです。

そんな中、たとえば登録したばかりのアクティブ女に皆が集中してメール送ったら、

返してくるかってことです。

「掲示板に頻繁に書き込めば、必ず少数でも反応はある!」の続きを読む…

a0103スグルです。

今日はズバリ、出会ってすぐにエッチをすることができる層について書いていきます。

全部とは言いませんが、人妻は特に狙いやすいです。

正直、私が今まで出会った人妻とは最終的に100%エッチできています。

しかも、ほとんど段階を踏む必要がないです。

「ピュア掲示板だろうがなんだろうが、人妻は積極的に声かければ出会える!」の続きを読む…

m0081スグルです。

某有名女子大の女子大生さくらとの1泊旅行の続き。

私の持ってきたパールバイブレーター

太めの竿の途中でごつごつしたいぼいぼが付いていて、膣壁を刺激するのだ。

「いやぁ!こわい!」

さくらはいったん首をすくめたが、私は

「ゆっくり入れれば大丈夫」

といい、無理矢理マ○コにねじ込んだ。

亀頭の形を模した部分は、私のそれより太いかもしれない…

自分の竿の存在意義も少々気にはなったが、私はさくらのマンコにバイブを出し入れする。

「ん~~~~」

さくらの顔はやや赤くなり口をへの字口にして、やや苦しそうに尻を揺らした。

「巨大バイブに浴衣姿でもだえる清純派女子大生に最後は生注入!その3」の続きを読む…

スグルです。

某有名女子大の女子大生さくらとの1泊旅行の続き。

この時期はなかなか宿が開いていないけども、平日だったら全然チャンスがある。

私はさくらの住む学生寮の沿線の駅で、さくらをつかまえ、車を北上させた。

北関東の地方都市。

観光もそこそこに、ホテルにしけこんだ。

さくらがエッチ好きな女子大生であることは分かっていた。

まったりとエッチを楽しむために彼女自身が早くホテルに入りたいとせがんだ。

「巨大バイブに浴衣姿でもだえる清純派女子大生に最後は生注入!その2」の続きを読む…